守屋木材株式会社_MORIYA_WOOD 創業1950年の実績と確かな技術を持つ守屋グループは
木を切って使うだけでなく、未来に向かって木と共に成長し、共存しています。
商品のお問い合わせ・お見積り・ご注文は TEL022-257-3101 FAX 022-295-0221 お問い合わせお見積りは無料ですのでお気軽にどうぞ メールはこちらをクリック
守屋木材_営業案内
守屋グループ概要
様々な人材を募集 守屋グループ採用情報
守屋木材は『杜の都 仙台マーク』を応援しています
守屋木材指定請求書ダウンロードページへ
トップページ > 守屋グループ概要 > 供養造林
供養造林・私たちは木と共に成長しています
     私たちは木と共に成長しています
守屋グループで行っている"供養造林"とは、伐採された樹木に感謝し供養する意味と、未来の資源確保・緑化環境の保護・温暖化防止を目的として、植林と下刈りを中心に実施しています。
     平成28年6月18日仙台市泉区朴沢の当社育林地にて
今年は、社員、家族等を含め約210名で供養造林を行いました。
例年通り、笹・カヤなどその他雑草類の下刈り・ツル切りを行い、
さらに510本のスギと、10本のヤマザクラ、他30本を植栽しました。
私たちはこの育林作業によって、樹木への愛着を益々深めるとともに、社員間での交流を深めています。
また、今年は企業活動における自然環境整備の一環として巣箱を6個設置しました。
作業中『ホオジロ』の姿を見ることができました。
私たちは緑化環境の保護のため、今後も供養造林を実施していきます。
     仙台市にケヤキを寄贈しました
私たちが育てたケヤキを仙台市へ寄付を行いました。そして平成19年4月に『緑化事業の協力と緑化推進に大きく貢献した』ということで、仙台市より感謝状を頂きました。
仙台市ケヤキ寄贈1 仙台市ケヤキ寄贈2
先頭に戻る / トップページ
copy right (c)2002-2008 morimoku all rights reserved .